添付書類の作り方について

                 
  1. 事業者証明書
 事業者証明書用紙※を用いて次の事項に留意して必要事項を記入し、事業者から証明を受けて、受験申請書裏面の指定された場所に貼付して下さい。
(1) 取扱、経験の期間が、二以上の事業場の勤務年数を合算しなければならないときは、それぞれ について事業者証明書が必要となります。
(2) 事業者証明書は、事業場を代表する者(社長、支店長、工場長、市長等)または業務経験を管理 する部門の長(人事部長、総務部長等)の職名・氏名で受けてください。
(3) 「事業者職名・氏名」の欄の「職印」は、社長・支店長等の職を表す印(または社印と個人印 の両方)を押印してください。なお記名押印することに代えて、社長・支店長等の署名(職名と氏名)でも差し支えありません。
(4) 事業者証明書の記入間違いの訂正箇所は、社長・支店長等の職を表す印(または社印と個人印 の両方)を押印してください。
※事業者証明書の用紙は作業環境測定士試験の受験資格のページからダウンロードできます。


  2. 学校の卒業証明書
 原本に限ります。

     
  3. 受験資格及び免除資格を証明する書類で「写し」が必要とされている場合の原本証明の方法
  ・ 卒業証書、免許証、修了証等の「写し」(コピー)には、事業者の原本証明が必要です。
  ・ 原本証明は、原本とそのコピー(原本が大きい場合は縮小コピー)を一緒に事業者に提出し、記載例のように、そのコピーの裏面又は余白に、社長、支店長等の職名・氏名で、「原本と相違ないことを証明する」旨を直接記入し、職印(社長、支店長等の職を表す印(又は社印と個人印の両方))の押印を受けてください(社印は「○○会社之印」のような会社印です。)。なお、記名押印することに代えて、社長、支店長等の署名(職名と氏名の両方)でも結構です。
事業者から原本証明が得られないときは資格を与えた機関、近くの都道府県労働局又は労働基準監督署に原本と「写し」を持参すれば証明を受けることができます。また、安全衛生技術試験協会本部、各センターでも証明いたします。


(原本証明記載例)

 原本と相違ないことを証明する。
 平成26年 8 月 3 日
事 業 場 所 在 地 東京都千代田区西神田3-8-1
事 業 場 名 (株)安全衛生 神田事業所
事業者職名・氏名 所長 衛生次郎    
※コピーの裏面又は余白に直接記入してください。


  4. 氏名の変更
 受験申請書に記入された氏名が各種証明書類に記載されているものと異なっているときは、変更の事実が確認できる戸籍個人事項証明書(一部証明可)、戸籍抄本等が必要です。